鎌ヶ谷大仏観光の際はパスティスもどうぞ

鎌ヶ谷の癒し系大仏様を訪ねてはいかがでしょう。

生まれは、1776年とアメリカ合衆国と同い年。

その開眼供養(入魂式)には、50人余りの僧侶が集まり、

江戸時代にお酒を楽しむ料理形式の会席料理を確立して

江戸で最も成功したといわれる料亭

八尾善(やおぜん)が、300人分の料理を用意して、

それはそれは、大変な盛り上がりだったそうです。

現在、八尾善は、鎌倉大仏のある、鎌倉で営業中。

開眼供養から約230年後の2007年に

鎌ヶ谷大仏のテーマソング、”DIVE TO LOVE ”がCDリリースされました。

鎌ヶ谷大仏観光の際には、ぜひパスティスにもお寄りください。

パスティスから鎌倉大仏は約2キロの距離になります。

2016-11-29_19h48_14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です